株式会社メイクリーン 代表上江田のブログです。

メイクリーン社長の上江田です。 私は、仏壇仏具を始め、伝統工芸の保存や補修技術を研究しています。 私の目的は、わが社が開発する技術で、一つでも多くのものを次世代に引き継いでいくことです。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

未来へつなぐ メイクリーンの銅像再生

創業社長の銅像再生

この銅像には合成塗装と保護コートが処理されていました。
お客様は劣化した「合成塗装と保護コート」を剥がし、銅像の文化財価値を残すような手法でキレイにして欲しいと望まれました。
劣化した合成塗装と保護コートを強く剥がすと銅像の生地を傷めるので、文化財研究所と公立技術研究所のアドバイスを受け、本来の銅像に近いお姿になんとか再生しました。
今後、このような銅像の合成塗装トラブルの依頼が多くなると心配しております。



作業前
作業後

創業者①
作業後
スポンサーサイト
【 2018/05/16 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

昭和天皇陛下御製記念碑

昭和天皇への標本進献と御進講について
(昭和天皇陛下御製記念碑)

6月1日(昭和4年)熊楠は天皇陛下を
神島にご案内した後、標本をお見せしながら、
粘菌や海中生物について進講申し上げ、粘菌の
標本110種などを献上されました。

熊楠が話す「エコロジー」は現代人が言う
単純な「環境保護」を目的とするものではなく、
「人間と植物には境界がなく、両者が互いの中へ
入り込んだ相互関係になっている。」
と熊楠の動物の調査から彼はそれを
マンダラで図解しています。

近代科学が世の中すべてを優先するのではなく、
すべて自然と繋がっていることを謙虚に自覚して
人間は行動しなければならないと思います。

私は「南方熊楠記念館」に訪問して、
このことに強く感銘を受け、
メイクリーンの事業に活かしていくことを感じました。

20180201-2.jpg
昭和天皇陛下御製記念碑
【 2018/02/02 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

南方熊楠記念館に訪問

南方熊楠は、和歌山県が生んだ博物学の巨星。
植物学・菌類学者としてのみならず、民俗学の創始者、
19才から14年間アメリカ、イギリスなどへ海外遊学
国内外に多くの論文を発表し、日本に「ミナカタ」ありと
世界の学者を振り向かせました。

没後、遺族からそのいくつかの資料の寄贈を受け、
南方熊楠の遺した偉大な業績と遺徳をしのび
その文献、標本類、遺品等を永久保存し、
一般に公開するとともに博物学の巨星を後世に伝え、
平成29年3月19日に新会館をオープンいたしました。

20180201-1.jpg
南方熊楠記念館の玄関                  

メイクリーンの古色仕上げ

古い仏像を洗浄修復している最中、
あえて埃・汚液で仏像を汚す時があります。

これが、メイクリーン古色仕上げです。

見ていた関係者がびっくりされましたので、
その理由を関係者に説明しました。

ムラに仕上がると、きたなく感じますので、
全体的にバランス良く仕上げることが大切です。

伝統ある仏像・仏具の洗浄修復は、お洗濯の
ピカピカとは違い伝統の趣を残しつつもきれいに仕上げます。
お洗濯とは違うメイクリーンの古色仕上げ技術は30年の経験から育ちました。
【 2017/12/04 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

フッ素コート

洗浄後の石材(石像も含む)に汚れを防ぐ目的で
フッ素樹脂コート処理を施工するします。

フッ素樹脂コート剤はフッ素樹脂塗料の
撥水性能から防汚効果が推測できます。

フッ素樹脂塗料(コート剤)は分子中にフッ素原子を
含む樹脂を主体とする塗料で、そのC-F結合は
結合エネルギーが大きいため、耐候性、発揮性、耐熱性、
耐摩耗性等は非常に優れた塗膜を形成し、防汚効果や
落書き落としに役立ちます。

★アクリル樹脂塗料、アクリルウレタン樹脂塗料、
アクリルシリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料の
4種類について太陽光で直接当たる屋外の
外壁塗装寿命(耐候性)実験からフッ素樹脂塗料(コート剤)
が優れているのが分かります。
図1
【 2017/10/12 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プロフィール

ueda1944

Author:ueda1944
上江田 政幸(うえだ まさゆき)
㈱メイクリーン代表取締役。
趣味は歴史や寺社参拝、読書。
化学の専門知識を生かし、仏像仏具の洗浄技術で特許を取得。
このブログでは、信仰への思いや技術について発信しています。