FC2ブログ

株式会社メイクリーン 代表上江田のブログです。

メイクリーン社長の上江田です。 私は、仏壇仏具を始め、伝統工芸の保存や補修技術を研究しています。 私の目的は、わが社が開発する技術で、一つでも多くのものを次世代に引き継いでいくことです。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2019年11月 】 

玄奘三蔵法師

行基を学ぶには、まず唐・日本の法相宗の流れを学ばなければなりません。
法相宗はインド哲学の思想を継承するもので、唐時代創始の大乗仏教宗派の一つです。
玄奘はインド哲学の唯識説を深く知るために629年インドに向かい、巡礼や仏教研究を行って、645年唐に唯識説、経典657部や仏像などを持って帰還しました。
649年、玄奘訳とされている『般若心経』は読誦用として最も広く普及されています。

インドへの旅を地誌『大唐西域記』として著し、これが後に伝奇小説『西遊記』の基ともなった。
日本仏教における法相宗は、玄奘に師事した道昭が法興寺で広め、南都六宗の一つとして8-9世紀に隆盛を極め、有名な寺としては、薬師寺・興福寺などがある。
玄奘は遣唐使に終えて大和朝廷に帰る弟子の道昭に『般若心経』の独唱と座禅を日々行いなさいと教えました。


玄奘三蔵玄奘三蔵院
玄奘三蔵の旅の姿       玄奘三蔵院伽藍(玄奘三蔵様のご遺骨)

私は若い頃から、玄奘が通ったシルクロードに憧れ、いつか中国に行きたいと思っていましたが、ちょうどその頃、北京で起こった天安門虐殺事件が発生し、延期になりました。
それを残念に思い、その後、奈良・薬師寺の平山郁夫作「大唐西域壁画」と 玄奘三蔵院伽藍に何度も訪問しております。
スポンサーサイト



【 2019/11/24 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プロフィール

ueda1944

Author:ueda1944
上江田 政幸(うえだ まさゆき)
㈱メイクリーン代表取締役。
趣味は歴史や寺社参拝、読書。
化学の専門知識を生かし、仏像仏具の洗浄技術で特許を取得。
このブログでは、信仰への思いや技術について発信しています。