FC2ブログ

株式会社メイクリーン 代表上江田のブログです。

メイクリーン社長の上江田です。 私は、仏壇仏具を始め、伝統工芸の保存や補修技術を研究しています。 私の目的は、わが社が開発する技術で、一つでも多くのものを次世代に引き継いでいくことです。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

妙順寺(大阪府貝塚市三ツ松)

前の本堂は元禄年間に建立され、内陣や
欄間にある彫刻等は三ツ松出身といわれる
左甚五郎一門の作と伝えられています。

落語や講談で有名な左 甚五郎は
江戸時代初期に活躍したとされる伝説的な彫刻職人です。

左甚五郎の出生地は各地に伝えられていますが、
その中の名工・左甚五郎(岸上甚五郎左義信)は
泉州貝塚に生まれ,16歳で大和の国の
多武峰十三重塔建之、66歳に没したと言われています。

左甚五郎の祖先は壬申の乱(672年)の前年,
貝塚三ツ松に来て定住し、先祖代々朝廷や
時の天下人から認められた建築技術集団であり、
飛鳥~明治時代に至るまで,我が国の有名な
社寺建築に携わりました。

左甚五郎の長男,義職が彫った三ツ松の
妙順寺の欄間は非常に見事な彫物です。

妙順寺の本堂欄間を洗浄することになり、三ヶ月間工場に引取ました。

左甚五郎の功績は今日の地車(だんじり),布団太鼓,
神輿,櫓などにその伝統が継承されています。
20160725-7.jpg 20160725-8.jpg
名工・左甚五郎(岸上甚五郎左義信)は動植物を大胆    金箔欄間の花は下ろして、工場で修理します。
な作品にした先駆者です。上の彩色欄間の天女には    しかし、左甚五郎作の彩色欄間は昔を残します。
羽がはえている姿が珍しいです。
スポンサーサイト
【 2016/07/25 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プロフィール

ueda1944

Author:ueda1944
上江田 政幸(うえだ まさゆき)
㈱メイクリーン代表取締役。
趣味は歴史や寺社参拝、読書。
化学の専門知識を生かし、仏像仏具の洗浄技術で特許を取得。
このブログでは、信仰への思いや技術について発信しています。