FC2ブログ

株式会社メイクリーン 代表上江田のブログです。

メイクリーン社長の上江田です。 私は、仏壇仏具を始め、伝統工芸の保存や補修技術を研究しています。 私の目的は、わが社が開発する技術で、一つでも多くのものを次世代に引き継いでいくことです。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

水間寺2  水間寺と行基の歴史

私の住居が法相宗・行基ゆかりの土地柄で、
行基の業績に深く興味を持っています。
今回は行基に縁のある水間寺の
聖武天皇・行基と聖観世音菩薩をお参りしました。

<行基堂>
本堂の南側に当山開基の行基菩薩が祀られている
行基堂が見えます。

行基菩薩が開山したとき、ご自身の姿をすぐ横の
鏡池に写し、霊椿木で御自作の像を刻まれ
安置されましたが、天正の兵火に惜しくも焼失しました。

現在は天明の大火にも免れた作者不明の
座像を安置しており、境内諸堂中最古の建物となっています。
(再建は17世紀中頃と推定される)
20161018-6.jpg

<降臨の瀧>
降臨の瀧から現れた白髪の老人が尊像を
行基菩薩に手渡し、そうして自分は龍となって
昇天したと由来記に記されています。

この仏様は、一寸八分(約6cm)の
金の聖観世音菩薩で、これを天皇に捧げたところ、
病は全快されたそうです。

聖武天皇は、この仏様を現地にお祀りするようにと、
水間に行かれた行基菩薩に勅命を下し、お堂を建立しました。
20161018-7.jpg      20161018-8.jpg
                                   降臨の滝展望所

お寺の直ぐ隣の小さい川ですが、
きれいな渓流が信仰心を深めてくれます。
スポンサーサイト
【 2016/10/18 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プロフィール

ueda1944

Author:ueda1944
上江田 政幸(うえだ まさゆき)
㈱メイクリーン代表取締役。
趣味は歴史や寺社参拝、読書。
化学の専門知識を生かし、仏像仏具の洗浄技術で特許を取得。
このブログでは、信仰への思いや技術について発信しています。