FC2ブログ

株式会社メイクリーン 代表上江田のブログです。

メイクリーン社長の上江田です。 私は、仏壇仏具を始め、伝統工芸の保存や補修技術を研究しています。 私の目的は、わが社が開発する技術で、一つでも多くのものを次世代に引き継いでいくことです。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

ちりめん街道(与謝野町)のお寺

ちりめん街道(与謝野町)のお寺

         image002_201909241731124ba.jpg

丹後ちりめん歴史館       ちりめん街道の町並み

京都府北部・丹後地方に江戸時代から昭和初期にかけて栄えた丹後ちりめんです。
隆盛をきわめた当時の町並みが残る由緒ある街道。織物工場をはじめ、当地方と京都市内を結ぶ交流の拠点として盛えたいろんな店の名残がありその面影をしのばせます。


image003_20190924173113c3f.jpg                image004_201909241731151eb.jpg

   実相寺                    宝巌寺

実相寺は日蓮宗の寺院です。
その石段を上り、山門をくぐると、正面に本堂、右に鐘楼、左に金色堂が配された伽藍の中央に立ちます。本堂には太鼓櫓が造り付けられ、奥に庫裏が連接しています。
さらにその奥手には妙見堂が但馬道に南面しています。
現在の実相寺の景観は、今から250年前から形成され始め、その後、整備されたものが基本となって今に伝わっていることがわかります。

宝巌寺は浄土宗に属し、開基は慶長4年(1599)と伝えられています。 その景観は、石段を上がった山腹に寺地を構え、正面に楼門形式の山門、その奥に本堂が直線的に位置しています。本堂に向かって左に庫裏、右に鐘楼があります。
本尊裏手に安置されている阿弥陀如来坐像は、南北朝期の作とされと言われています。
ちりめん街道の景観の一端を担っている宝巌寺の現在の景観は、今から192~180年前にかけて形成され、時を越えて現在に伝わっていることがわかります。

スポンサーサイト



【 2019/09/24 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プロフィール

ueda1944

Author:ueda1944
上江田 政幸(うえだ まさゆき)
㈱メイクリーン代表取締役。
趣味は歴史や寺社参拝、読書。
化学の専門知識を生かし、仏像仏具の洗浄技術で特許を取得。
このブログでは、信仰への思いや技術について発信しています。