FC2ブログ

株式会社メイクリーン 代表上江田のブログです。

メイクリーン社長の上江田です。 私は、仏壇仏具を始め、伝統工芸の保存や補修技術を研究しています。 私の目的は、わが社が開発する技術で、一つでも多くのものを次世代に引き継いでいくことです。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

不動明王像二童子像

1、 不動明王像
不動明王は、仏教の諸尊のなかでも 観音、地蔵とともに「お不動さん」の呼び名で親しまれるほど人気の高い存在である。
密教の根本尊である大日如来の化身として、その悪魔を降伏するための憤怒の恐ろしい姿は、
現世利益をもとめる人々の厚い信仰を集めています。

2、矜羯羅童子(こんがらどうじ)像と制吐迦童子(せいたかどうじ)像
不動三尊形式では向かって右側に矜羯羅童子、左側に制吐迦童子に配置され不動三尊形式が有名です。
矜羯羅童子とは「仏法に従順である」という意味で仏像は女性的なお姿が多い。
矜羯羅童子は合掌して親指と人差し指の間に独鈷杵を持つもの、蓮華を握るものとがあり、下ぶくれのお顔が親しみやすいです。
制吐迦童子は従者の意で「仏法に従順である」を意味する。心を怒らせた悪性の者と説かれます。
仏像は男性的なお姿が多く不動明王の諸悪を撃退する忿怒形の表情・重厚感のあるお姿で怖いお顔をしています。
一般的に右手に金剛棒を持ち、左手は金剛杵を持つもの、肩を怒らせて棍棒をとる大げさなポーズをしています。
きかん気の強い鬼のお顔をしています。

image001_20201113092702325.jpg
【①作業前】
彩色下地が劣化、汚れも付着して、不鮮明な像になっています。


image002_20201113092704df0.jpg
【②作業後】
泡洗浄後、顔料で仕上げました。
矜羯羅童子と制吐迦童子が逆になっていたので、修正しました。

よく似ている不動尊像がありましたので、参考に提示します。
矜羯羅童子と制吐迦童子は作者の思いがあり、自ずと異なります。
image007.jpg image008.jpg

質 楠/樟(クス)
サイズ 高54×幅52×奥14cm(台を含む)
・不動明王:高48×幅23×奥14cm
・制多迦(せいたか):高20×幅14×奥8cm
・矜羯羅(こんがら):高21×幅9×奥9cm



image003_202011130927059ac.jpg
横須賀市 長安寺 江戸時代作


image004_2020111309270784e.jpg
高幡不動尊金剛寺   江戸時代作


image005_202011130927089ef.jpg         image006.jpg
真言宗智山派 円泉寺・江戸時代          群馬県県立歴史博物館  江戸時代




スポンサーサイト



【 2020/11/13 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プロフィール

ueda1944

Author:ueda1944
上江田 政幸(うえだ まさゆき)
㈱メイクリーン代表取締役。
趣味は歴史や寺社参拝、読書。
化学の専門知識を生かし、仏像仏具の洗浄技術で特許を取得。
このブログでは、信仰への思いや技術について発信しています。