株式会社メイクリーン 代表上江田のブログです。

メイクリーン社長の上江田です。 私は、仏壇仏具を始め、伝統工芸の保存や補修技術を研究しています。 私の目的は、わが社が開発する技術で、一つでも多くのものを次世代に引き継いでいくことです。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

大塚国際美術館

鳴門市にある、大塚国際美術館を訪問しました。

西洋名画が1000点余り、陶板名画が
原寸大に再現してありました。

鑑賞ルートは約4㎞、非常に長く全て見るのに
時間的に大変難しいでした。
古代・中世・ルネッサンス・バロック・近代・現代と
分かれておりましたが、私としては
ギリシャローマ時代の壁画に興味があり、
神話をもう少し勉強して鑑賞に行くと
もっとよかったと感じました。

また、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の
天井画が非常に感動しました。
このミケランジェロはこの天井画を書く際に、
不平不満を言っていたそうですが、
天井に書くのですから首が痛くて大変苦労したそうです。

私が大塚国際美術館へ鑑賞に出掛けたのは、
西洋画ばかりを保存しておりますけれども
日本画にももっと協力して頂きたいと思ったからです。

壁画や襖絵、特に高松塚古墳壁画、伊藤若冲、狩野永徳等の
日本画の良い物をたくさん大塚国際美術館に
保存していただければ、もっと日本の神社の文化財保存に
役立つと思います。
20170721-1.jpg  20170721-2.jpg

【 2017/07/21 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

臨済寺

戦国大名・今川家の菩提寺と臨済寺をお参りしました。

徳川家康が子供の頃(竹千代)、今川家の
人質生活時代にこのお寺に滞在していました。

以前、京都市にある臨済寺総本山の妙心寺を
お参りしたことがあり、臨済寺も同じ宗派ということで、
身が引き締まる気持ちを再び感じました。

元々、臨済寺は浅間神社と一つでしたが
明治時代に神仏分離によって孤立しました。

庭園は広く綺麗に手入れされており、境内も広く
見応えがあり、長い歴史を感じることができました。
【 2017/06/15 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

静岡浅間神社

静岡浅間神社へお参りに行きました。
神部・浅間・大歳御祖神社の三社を総称して
浅間神社といいます。

木々の緑も濃く山懐にあり、敷地も広くほとんどが
重要文化財に指定され、まさに“東海の日光”と
呼ばれるにふさわしい佇まいです。

徳川家康は、幼少の頃今川氏の人質として
当社の北方約1kmのところにある臨済寺に
預けられていた頃から、生涯に渡って
当社を篤く崇敬され、その後も徳川将軍家から
手厚く庇護されるようになりました。

明治元年神仏分離により、境内にあった
仏堂・仏像は臨済寺や音羽山清水寺へと遷されました。
20170608-1.jpg20170608-2.jpg
大拝殿                                              楼門

静岡県には観光の目玉が少ないので、もっと歴史と
ご利益を宣伝すれば、観光産業に素晴らしく役立つと思いました。
【 2017/06/08 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

駿府城

駿府城(静岡市)は、今川義元が織田信長に
桶狭間で撃たれた後、武田信玄勢力を経てから、
徳川家康の所領になりました。

家康は、江戸時代に移ってからは、徳川秀忠に
将軍職を譲り、駿府城を隠居として
五層七階天守を築城しました。

戦後、二ノ丸・本丸は、駿府城公園として整備され、
市民の憩いの場となっております。

桜の名所としても知られ、春には数百本の桜が彩り、
5月には鮮やかなツツジが楽しめます。
20170515-3.jpg20170515-4.jpg
・堀と石塁                                   ・東御門
20170515-5.jpg
・家康公鷹狩りの銅像
65~75歳まで晩年の恰幅ある銅像です。
20170515-6.jpg
・家康公お手植えのミカン
鎌倉時代に中国から渡来した紀州みかん(小みかん)の一種で
静岡地方のみかんの起源を知るうえで貴重な木です。






【 2017/05/15 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

皇居

天気が良く、久しぶりに皇居に出かけました。
まずは、二重橋に向かいました。
平日でしたので、皇居広場ものんびりとした
穏やかな雰囲気で、日本人は少なく
海外からの観光客が多く見られました。
20170515-1.jpg
二重橋


日本の天皇制は、日本人独特の美意識があり
他国の国王なら豪華な勲章や宝飾品を
身に着けていますが、天皇陛下や皇后は
シックで落ち着いた服装をされております。
お住いの皇居も、ピカピカした黄金色ではなく、
落ち着いた白壁と緑青の屋根があります。

サウジアラビア国王と天皇陛下との会議をした部屋を
写真で見ましたが、豪華な調度品はなく、
花瓶が一本置かれている素晴らしい写真でした。20170515-2.jpg
天皇陛下とサウジアラビア国王



【 2017/05/15 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プロフィール

ueda1944

Author:ueda1944
上江田 政幸(うえだ まさゆき)
㈱メイクリーン代表取締役。
趣味は歴史や寺社参拝、読書。
化学の専門知識を生かし、仏像仏具の洗浄技術で特許を取得。
このブログでは、信仰への思いや技術について発信しています。